新着情報

2013年8月8日 おすすめは朝おきてコップ一杯の水

朝、なかなか起きられずにいつまでもベッドの中にいたいことがあります。体が目覚めについてこない場合にはまずはベッドの中でポーズをとるのがいいそうです。猫が伸びをする時に頭側を低くしてお尻を高く上げて背骨を伸ばします。これはすごく効果的なストレッチで、人間にとってもとても有効なのです。いきなりガバっと起き上がるのは腰を痛める原因にもなります。朝なかなかおきられないときはこのように布団の中で猫のポーズをするようにしています。頭も体も準備が整いスッキリと起きることができます。そして朝おきて一番にすることはコップ一杯の水を飲むということです。寝ているあいだに人間の体は大量の汗をかくといいます。その汗をかいた分、人間の体の中を流れる血液は濃度が濃くなっています。つまり流れが滞ってつまりやすい状態になっているのです。これは血栓や脳梗塞になりやすい危険な状態とも言えます。そこで朝おきてすぐにコップ一杯の水を飲むのがいいのです。血液の濃度が戻って脳梗塞などの危険も下がります。オレンジジュースをコップ一杯飲むのも血液サラサラ効果があっておすすめです。朝は体調を整えて一日に備えたい大事な時間帯ですから体にいいことから始めたいですね。

こんな商売が成り立ったら面白い


「こんな商売が成り立ったら面白いのにな」と思う物は、身体測定サービスとかあったら面白いなと思います。
電話で予約を受け付けて、その時間に家に訪問をし、身長・体重・座高・握力・背筋力等を測定すると言うだけのサービスですけど、意外と自分の身体のことを計る機会ってありませんので、もしかしたら需要があるかもしれません。
料金設定をいくらにするかが難しいですが、30分で980円くらいだったらなんとか採算が取れそうな気がしますし、元手もあまりかからない商売ですから意外と成り立つような気がします。
病院に行ってわざわざ身体測定をするのは面倒ですし、病気じゃ無いので保険も効かずにお金もかかります。
かといって自宅で自分で計るには体重計や握力計とかが無い家庭も多いので、考えれば考える程、身体測定サービスは成り立つような気がしてきました。

現代社会は孤独な人が多いですし、若者でしたらまだそれに耐える事が出来るでしょうが、お年寄りになって孤独になるととても辛いでしょうから、身体測定サービスがあればその時間は話もいろいろ出来るでしょうし、良い気晴らしになる気がします。
身体測定サービスを専門に行っている業者は聞いた事が無いので、もしその商売を行えば業界初と言う事になりますし、もしかしたら大きな会社に成長するかも知れません。
実際にビジネスとして始めるには大変な部分も多いでしょうが、「自分には出来る!」と思う方は是非始めてみてください。 私もバイタリティがもっとあれば自分で始める所ですが、私にはそこまでの行動力はありませんので、誰かがそういう身体測定サービスを始めて成功するのを楽しみにしています。

これから本格的な超高齢化社会になります。
いや、もうなっていると言っても良いくらいですから、そういったお年寄りに関しての市場が爆発的に増えるのは容易に予測出来ますので、お年寄り向けの新しい商売が成功しやすいのでは無いでしょうか。
お年寄り向けの商売と言うと、お年寄りを騙してお金を取るみたいな印象がありますけど、決してそういう事ばかりではありません。 良心的な料金で、お年寄りの為になるサービスをビジネスとして始める事だって出来るわけですから、そういったビジネスをみなさんも始めてみてはどうでしょう。
「こんな商売が成り立ったら面白いな」と思うそのアイデアこそが、一攫千金に繋がるアイデアの可能性もありますので、是非みなさんも実際に何か商売を始めてみてください。

お年寄り向けに新しい商売をアピールするには、どうしたら効果が高いでしょうか。
若者のようにインターネットを日常的に使用している方も多くはないですし、王道のメールマガジンやSNS広告などは向いていなさそうです。
そうなると、やはり自宅に直接届く新聞の折込チラシや、DMの方が効果が見込めます。
そんな中、FAXDMは年配者に効果が高いと既に評判になっていて、各企業が実践しています。
他の広告媒体に比べて費用も安く、ファックスで受信するため着眼率は100%。
年配者向けの新事業を考えているなら、広告はFAXDMをお試しください。